DIARY初めにお読み下さい展示室WORKSDOJINおみやげリンクメール
Invalid category filter: Invalid category filter: Invalid category filter: Invalid category filter: | |

ちょこ写絵日記2004年2月分

| 編集
【2004年02月28日】

■アイブといえば


ジョナサン・アイブ

某誌によると、彼の愛車はAudi(車種不明 でもたぶんTT)で最近Asron Martin DB7に乗り換えたらしい。
気が合いますね! 僕も先日Aston Martin Vanquishを買いましたよ。

ちょっと小さいけど。

アストンマーチンのフロントケロロ軍曹に見えるのは僕だけですか?

 

【2004年02月24日】

■光になれ~~~!(c.v. 檜山延之)

なった。


回線終端装置。中のぐるぐる光ファイバーが面白~い。

ADSL8MからBフレッツ(光ファイバー100M)に替えました。自宅サーバから編集部にファイルを送るのに、ADSLではどうしても上り速度が遅くて時間が掛かっていたのですけどこれで大丈夫。

実効速度は 下り約30Mbps、上り約10Mbps。 あれ?上下同じ速度じゃなかったの? まぁいいや、いままで上り400Kbpsくらいだったから20倍は出てる。これで入稿のラストスパートで1時間稼げるわけだ!

…いいのかそれで?

 

 

【2004年02月23日】

■僕たちは何処へ向かっていくんだろう

どんどんなにかがおかしくなっていく。

おっぱいボール 牛乳を一杯飲んでばいんばいーん たゆゆーん


KOS-MOSもたゆゆーんたゆゆーん
おお~フルアーマーKOS-MOSを作った方がいる~

一応全会場絨毯爆撃したつもりだったんですけど、あとでカタログを見返すと見ていないディーラーさんがいっぱい。あれ~?

といわけでコミティアに参加してきました。(え~

 

【2004年02月18日】

■魁!プラモ道場 第5回

わたおに5号はどうやって遊ぶのが正しいのだろう?

押忍!当道場は既に設立当初の目的を忘れているようであります!

■2月15日の魔改造パーツ(もともとはちぃの下半身)を作られたのは南条飛鳥さんです。僕は悪くありません! 最近はルリルリを手込めにされているようで…
立体造形スキルのある人は羨ましいです。

なんだかマカイザーの裸族さんにチェックされてる?

 

【2004年02月15日】

■魁!プラモ道場 第4回

押忍!当道場は4回目にして早くも禁じ手を解禁するに至りました。

プチ魔改造~ 以前戴いたアレをついに使うときが来ました~
ちょっと腰と足首の長さを調節して仮組。一応18歳未満閲覧禁止>

 

【2004年02月11日】

■Z&8

「車を運転してたら勃起しちゃったよ!」

最近車を手に入れた友人の言葉。言い得て妙だと思った。
ああ、車はペニスなのだ。努力次第で買い換え可能な武器。だから女性に理解されなくて然り。だからね、ほら、とっとと買っちゃおうよ。

というわけで、友人と試乗車をハシゴしてきました。

■NISSAN FAIRLADY Z Virsion S(6MT 1440kg 280ps)

内装はシルバーのディテールが効果的でステキ。アルミじゃなくてプラスチックなのは気にするな!

NA3リッターエンジンは低い回転数でもアクセルに機敏に反応してグイグイ加速するですよ! ハンドリングも素直、クラッチもピーキーな感じはしない。初めて乗ったのに凄く扱いやすい子でした。

というか、TTに乗ってるとあんまり違和感無かったな~ TT3.2に似た感じがしたです。長距離ドライブとか快適かも~

フットレストが狭くてクラッチに当たっちゃう所とか、サイドブレーキが遠いのが気になったり。

■MAZDA RX-8 Type S(6MT 1310kg 250ps)

初めて聞きましたロータリーサウンド。変な音だ~ RX-7もそうだけど、8のコクピットも結構タイト。左足のすねがダッシュボードに当たったり、フットレストが凄く狭くかったりして落ち着かないかも。
内装は質感高いですね。エアコン周りのスイッチとか面白いです。
後席は広くて快適でしたが、ロードノイズがうるさかったかも。

運転した印象はとにかく軽い! p/wレシオはZとほとんど一緒、トルクはこっちの方が細いのに何だろうこの軽さは。踏めば軽い音でリニアに加速していくし、ハンドリングはもの凄く俊敏。ロードスターもこんな感じなのかな? ワインディングを走ったら凄く楽しい車かも。静かなS2000って感じ。

フニャフニャのシフトレバーが判りづらくてマイナスポイント。
コーナリングしながら加速したらいきなりオーバーステアになってドキッとしました。 FRってこういうモノなのかな~

帰りにTTに乗ってみると、ダルなハンドリングとどっかんターボが嫌でしたが狭いと思っていたシートが意外に快適。フットレストも足二つ分あってゆったりラクチン。

■Zのひみつ

ロードスターのサイドのモールドライン。よく見たら分割ラインじゃなくて黒いシールだった!

以前Audiのお店に行ったときはステキな革のコインケースを頂きました。
日産とマツダは何もくれなかった。なんかくれー

  

 

【2004年02月11日】

■君の名は

皆さんちゃんと郵便局に行きましたか? ぼくも行きましたよ締め切り最終日に。なんの締め切りかって? 夏コミの申し込みの締め切りですよ。

で、郵便局の窓口に振り込み用紙を出すと、受付のさわやかなお兄さんが何故か用紙の裏をチェック。(な、なにしてるんだろう?) さらに手元の紙に僕の名前をメモメモ(あれ? いままでそんな事していたっけ?)

「申し込みは今日の消印有効なのでがんばって出してくださいね」
「あ、はい ありがとうございます」 (え?)

お兄さんオタですか~~?!
申込用紙の裏をチェックしていたのはサークル名の書き忘れを見ていたのか~
じゃあ、名前をメモっていたのは何の為だろう? 教えて郵便局の人~

■MdN

CHOCOは1991年頃のMdNにインタビュー記事が載った事があります。

それは置いてといて、今月号の特集がグラフィックソフトのTips集でこの日記ページのPhotoshopの常識的な新発見コーナーと思いっきり内容がかぶってました。
ん~これでこのコーナーも終わりかな~と思いつつもMdNに載ってたTipsもそんなに数は無かったのでこれからもネタはあるかも。

 

【2004年02月7日】

■禁断のギアボックス

それは覗いてはてはいけない深淵の闇。
それは後戻りを拒ませる 悦楽の罠。

それに取り込まれた人間は思考する事を、かつて自分が身につけていた技術を忘れてしまう。なぜならその機械の圧倒的な能力の前に誰もが惨敗を認めざるをえないからだ。

DSG 「ダイレクトシフト・ギアボックス」

乗って来ちゃった。てへ。Audi TT Coupe 3.2 Quattro S-line
試乗車があるという事でSさんに誘われてAudi池袋へ。30分乗り回してイイですよ~と言われたので高速道路を走り回って来ました。

なにが凄いって、シフトチェンジが滑らかすぎる。オートでもマニュアルでもシフトチェンジは一瞬でショックはほとんど無し。
高速道路の巡航ではアクセルはほとんど操作しないまま、パドルの操作だけで速度調整できます。100km/hで走行中にパドルとガンガンと連射して5>4>3とシフトダウンしてもスピードメーターはピクリとも動かず、しかも絶妙なブリッピングでショックレス。
これを真似できる人間は居るのか?
ナビに座っているとエンジン音でしかシフトチェンジを認識できません。

「こ、これがアウディのテクノロジーか!
 ドイツの科学力はぁぁ世界一ィィィィィ~~~~~!」


▲燃費の良いオート「D」、レブまで回す「S」、パドルで操作できるマニュアルの「M」モードがあります。
マニュアルモードといってもレブで勝手にシフトアップするし、止まれば勝手に1速に戻ります。おかげでタコを見ないし脳みそ使いません。
ハンドルのパドルが僕の手にはちょっと遠かったのがネック。パドルは短いストロークでコチッとクリックする感じ。GTフォースに似てました。

僕の1.8tQuattroとの違いはエンジン音が静かになっているところと、切り始めがちょっとダルかったハンドリングがちょっと素直になったところ。足回りが硬くなってるらしいけどあんまり実感できませんでした。

雑誌などで「刺激が少なくて面白くない」と評価されていましたが、確かにそんな感じもします。もうちょっとわざと乱暴なシフトチェンジをして欲しいな~と思うくらい。別にシフトダウンを極めたいと思ってなかったりマニュアル車にさんざん乗ったひとにはオススメ。

というわけで、見積書を出して貰いました。

だ、出して貰っただけですよ?(^_^;)

Invalid category filter: Invalid category filter: Invalid category filter: Invalid category filter: | |

Invalid category filter: Invalid category filter:
 

LANGUAGE

banner



Koichi Mugitani

バナーを作成

Powered by Movable Type 4.22-ja